スポンサーサイト

--. . --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


人気ブログランキングへブログランキング

Jリーグ開幕

2010. . 05
「Jリーグが開幕したのが93年の5月15日だった。」



1993年5月15日、国立霞ヶ丘陸上競技場で行った試合前の発足セレモニーと開幕戦でJリーグは華々しく発足した。なお、この模様はNHKが全国規模で生中継を行い、関東地区では32.4%の視聴率を記録し、その後も地上波のテレビを中心に試合中継が毎節の様に組まれ、同年下旬には全局のテレビ中継数が41本にまで増加、その中でゴールデンタイムでの放送が20本も占めた。また、ジーコなどといった各国代表クラスの大物外国人選手や監督も当時のJリーグに籍を置いていた事もあって、日本のサッカー界に未曾有のサッカーブームが到来した。ちなみに、Jリーグはこの年の新語・流行語大賞を受賞している。

人気ブログランキングへブログランキング
スポンサーサイト

ビーイングブーム

2010. . 05
「店では当時のサッカー日本代表の公式応援歌の「WE ARE THE CHAMP ~THE NAME OF THE GAME~」とか、中西保志「最後の雨」、氷室京介、尾崎豊、ビーイング系あたりが頻繁に流れていた。」



ビーイングブーム

1990年代に日本で発生した、ビーイング所属アーティストの楽曲がチャートの上位を独占した社会現象。

1992年秋、しばらく続いたバンドブームにもいよいよ陰りが見え始めていた。バンドブームの立役者たちが徐々にヒット曲を出せなくなり、またそれらアーティストの楽曲は徐々に歌謡曲的に変わっていった時期であった。

そんな中、ビーイング所属のほぼ無名のアーティストたちがCM曲のタイアップなどを契機に爆発的に売れ始めた。

団塊ジュニア世代が就職または進学をした時期であり、カラオケブーム、居酒屋ブームとあいまって急速にCD販売が伸びた。ビーイング系の楽曲はこの時流に乗り、バンドブーム以降を模索していた他社を圧倒して販売を伸ばした。ビーイング系列の躍進と他社の停滞により、オリコンチャートの上位をビーイング系列が占める現象が起こった。

1993年の年間販売ランキングは、ビーイング系列のアーティスト勢で占められた。1993年のオリコン年間総合売り上げチャートにおけるビーイング系アーティストの順位は 1位ZARD 2位WANDS 4位B'z 5位T-BOLAN 10位TUBE 11位大黒摩季 32位DEEN となった。 オリコン作詞家ランキングは、 1位上杉昇 2位坂井泉水 4位稲葉浩志 5位森友嵐士 7位大黒摩季。 オリコン作曲家ランキングは、 1位織田哲郎 3位松本孝弘 6位大島康祐 7位森友嵐士 8位栗林誠一郎 と、どのランキングもビーイング系列で占められることになった。



T-BOLAN Bye For Now



人気ブログランキングへブログランキング

尾崎豊

2010. . 05
「店では当時のサッカー日本代表の公式応援歌の「WE ARE THE CHAMP ~THE NAME OF THE GAME~」とか、中西保志「最後の雨」、氷室京介、尾崎豊、ビーイング系あたりが頻繁に流れていた。」




尾崎豊

主に1980年代に活動した日本の歌手、シンガーソングライター。1983年、シングル「15の夜」とアルバム『十七歳の地図』でデビュー。4枚目のシングル「卒業」が大ヒットする。歌の世界が若者の共感を呼び、カリスマ的存在となる。

代表曲は「I LOVE YOU」「OH MY LITTLE GIRL」など。1992年4月25日、26歳という若さでの突然の死はファンに大きな衝撃を与え、今なお尾崎を慕うファンは絶えず、その曲の数々は現在でも多くのアーティストにカバーされ続けている。


尾崎豊 - OH MY LITTLE GIRL



人気ブログランキングへブログランキング

氷室京介

2010. . 05
「店では当時のサッカー日本代表の公式応援歌の「WE ARE THE CHAMP ~THE NAME OF THE GAME~」とか、中西保志「最後の雨」、氷室京介、尾崎豊、ビーイング系あたりが頻繁に流れていた。」




氷室京介

1982年、氷室狂介の名前で、ロックバンド・BOØWYのヴォーカリストとして、アルバム「MORAL」で再デビューを果たした。1988年7月21日、シングル「ANGEL」でソロデビュー。1993年1月7日、アルバム「Memories Of Blue」リリース。累計130万枚を超える大ヒットとなる



氷室京介 「Memories Of Blue」



人気ブログランキングへブログランキング

中西保志「最後の雨」

2010. . 05
「店では当時のサッカー日本代表の公式応援歌の「WE ARE THE CHAMP ~THE NAME OF THE GAME~」とか、中西保志「最後の雨」、氷室京介、尾崎豊、ビーイング系あたりが頻繁に流れていた。」




中西保志「最後の雨」

1992年に発売された中西保志の2枚目のシングル。
オリコンチャートの最高位は16位だったもののロングヒットとなり、1997年までに90万枚を売り上げた。



人気ブログランキングへブログランキング

WE ARE THE CHAMP ~THE NAME OF THE GAME~

2010. . 05
「店では当時のサッカー日本代表の公式応援歌の「WE ARE THE CHAMP ~THE NAME OF THE GAME~」とか、中西保志「最後の雨」、氷室京介、尾崎豊、ビーイング系あたりが頻繁に流れていた。」


WE ARE THE CHAMP ~THE NAME OF THE GAME~

日本サッカー協会公認'93日本代表オフィシャル応援歌として、また同年に開幕したJリーグでは、フジテレビの中継イメージソングにも採用された。THE WAVESとSAY・Sの競作という形でそれぞれポニーキャニオンからシングルリリースされた。Jリーグブームの流れに乗って大ヒットし、出荷枚数はTHE WAVESとSAY・Sのものを合わせて120万枚を記録した。テレビ番組などにおけるサッカーに関する場面では必ずと言っていいほど流れていた。

人気ブログランキングへブログランキング
 HOME 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。